旧メンバー

 本研究は、2015年10月~2018年9月までの期間、「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業(実社会対応プログラム)」「疫病の文化形態とその現代的意義の分析—社会システム構築の歴史的考察を踏まえて—」「医学史の現代的意義―感染症対策の歴史化と医学史研究の社会との対話の構築」の助成を受けました。 その間の旧メンバ―です。

佐藤 健太(編集者)
経歴:神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科修士課程を修了後、株式会社皓星社入社。ハンセン病療養所入所者の文芸作...