ヒストリー・カフェ 医学と医療の歴史 2020年度第1回 開催のご案内

 立教大学高林陽展研究室では2018年から、「ヒストリー・カフェ 精神医療の歴史」という一般向けのイベントを開催してきました。このイベントは、講師からの話題提供に続いて、お茶菓子を頂きながら、参加者同士で疑問点や感想をシェアしあうというもので、これまでに6回を開催してきました。参加者のなかには病院にお勤めの方や当事者の方、あるいは教育機関の方々も多くいらっしゃいます。精神医療の過去を学び、現状を見つめ直す視点を培う。そのような場として、ヒストリー・カフェは今年度も活動していきたいと思います。

 一方で、今年からはそのタイトルを「精神医療の歴史」から「医学と医療の歴史」へと変更しました。これは、今年度から日立財団倉田奨学金という資金を得て、医学と医療の歴史にかんする一般向けの活動をさらに発展させていくための変更です。

 2020年度においては、まず2020年2月に予定されていたものの新型コロナウィルスの流行拡大により延期となった回(兵頭晶子さん「民間治療場と精神医療史の邂逅─富山県大岩山日石寺と徳島県阿波井神社を中心に」)を改めて7月4日(土)に開始します。そして、10月~2月にかけては「医療史家が語る感染症の歴史」という連続セッションを開催する予定です。今年度は、新たな試みとして、オンライン方式での開催をいたします。

———————————————————————————————————–

第1回 「民間治療場と精神医療史の邂逅─富山県大岩山日石寺と徳島県阿波井神社を中心に」

講師    兵頭 晶子 日本精神医学史学会会員・歴史学研究者

日時    2020年7月4日(土)14:00~16:00

上記の時間になりましたら、下記のアドレスにアクセスしてください。なお、参加人数の上限を先着50名としておりますので、参加者が50名を超えた時点で参加ができなくなりますので、ご注意ください。事前の登録は不要です。

https://zoom.us/j/99364867067?pwd=dEE2MW9pSDkxcksvT0J2eDA4N2FJZz09

———————————————————————————————————–

お問い合わせ先:atakabayashi[アット]rikkyo.ac.jp (立教大学文学部 高林陽展)