【セミナー告知】文理連接プロジェクト「医学史と生命科学論」第3回講演会、6月25日開催!

医学・医療と生命科学
その周りにある人文社会科学
文系と理系を連接する試み

  2019年度の新しい企画「医学史と生命科学論」。第3回講演会は、6月25日(火)18:15~19:45に開催です。
 ヨーク大学が、WHO(世界保健機関)とウェルカム財団の支援のもとで行っている Global Health Histories の第128回の講演になります。松浦 広明(松蔭大学)と鈴木 晃仁(慶應義塾大学)が英語でお話します。

医学史と生命科学論

日時 6月25日(火)18:15~19:45 開催!
会場 日吉キャンパス 来往舎1階シンポジウムスペース        >アクセス
講師 第3回
松浦 広明(松蔭大学)
「Pursuing Global Health: Where Medicine Meets Social Science, Humanities, and Engineering」
鈴木 晃仁(慶應義塾大学)
「Psychiatry and Transboundary Anxiety in Modern Japan」
参加費 無料
申込み 不要
対象 研究者、塾教職員、関心のある学部生・大学院生

第1回・第2回講演の動画・資料・内容・参考文献を公開しました!

第1回
4月16日(火)
鈴木 晃仁(慶應義塾大学)
「症例誌と文学と社会:医学と様式と歴史の複合」

●講演動画 >
●講演資料 >
●講演内容 >
●参考文献 >
第2回
5月21日(火)
荒金 直人(慶應義塾大学)
「ラトゥールの科学論と「物の歴史性」を非還元性の原則から捉え直す」

●講演動画 >
●講演資料 >
●講演内容 >
●参考文献 >

■さらに詳しくは、慶応義塾大学 教育研究センター 基礎研究のページをご覧ください。

慶応義塾大学 教育研究センターのページ >